オルビスユーの成分を解析!【安全性や合わない人とは!?】
エイジングケアに特化したオルビスユーシリーズ。

スキンケアの定番として定着しそうです。

そんなオルビスユーですが、成分の内容や安全性は気になりますよね?

navigation2

ここでは、オルビスユーの成分について徹底的に解析してみました。

オルビスユーの成分解析

オルビスユーの成分を解析しました。

オルビスユー ウオッシュ(洗顔料)の成分

洗顔料の全成分

【全成分表示】水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム

洗顔料としての洗浄成分であるモロッコ溶岩クレイがしっかりと汚れを吸着してくれます。

また、洗顔料ですが、『ハイドロキャッチ成分、ヤグルマギク花エキス・アマモエキス・モモ葉エキス』という保湿成分が配合されており、乾燥や肌がつっぱるのを防いでくれるようになっています。

オルビスユー ローション(化粧水)の成分

化粧水の全成分

【全成分表示】水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

オルビスユーの化粧水の成分を見ると、保湿成分である『ヤグルマギク花エキス・アマモエキス・モモ葉エキス』が配合されており、肌にハリ感をしっかりと与えてくれることが分かります。

また、濃密ウォータージェリーと呼ばれる保湿成分『PEG-75、プロパンジオール』も豊富に配合されておりかなり保湿を重視していることも分かります。

オルビスユー モイスチャー(保湿液)の成分

保湿液の全成分

【全成分表示】水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、カラスムギ穀粒エキス、PEG-75、プロパンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-150、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、アクリル酸Naグラフトデンプン、酸化チタン、カルボマー、ベントナイト、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

オルビスユー保湿液の成分を見ると、『ヤグルマギク花エキス・アマモエキス・モモ葉エキス』に加え、『カラスムギ穀粒エキス』が配合されており、肌に高いハリを与えてくれることが分かります。

また、化粧水と同様に濃密ウォータージェリーも配合されており保湿が長続きする設計になっています。

 

オルビスユーの成分は安全?合わない人はどんな人?アルコールが危険?

オルビスユーは次の成分が無添加なので、刺激が極めて低いです。

  • アルコールフリー
  • 無油分
  • 無香料
  • 無着色
  • 界面活性剤不使用

そのため、敏感肌の人やアトピーの人でも多くの人が使っており、極めて安全と言えます。

フェノキシエタノールはアルコールじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、これはアルコールとは別ものなので、アルコールが苦手な人でも安心して使えます。

ただし、合わない人も中にはいます。

それは、

アレルギーを持っている人

です。

 

navigation2

もし、何らかのアレルギーがある場合は、各商品の全成分を確認してから購入するようにしましょう。

 

※肌に合わなければ返品できます

 

オルビスユーは具体的にはどんな効果があるのか知りたい人は、オルビスユーの全効果についての記事をご覧ください。

 

口コミを詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください。
→新オルビスユーの全口コミ徹底まとめ【おすすめできない人とは?】