オルビスユーシリーズには、アンコールシリーズというものがあります。

でも、

オルビスユーとオルビスユーアンコールって何が違うの?

年齢によって変えた方がいいのかな?

こんな疑問を持つ人も多いでしょう。

navigation1

ここでは、オルビスユーとオルビスユーアンコールの違いや口コミなどを徹底的に調査した結果をご紹介していきますね。

オルビスユーとアンコールの違いは?

オルビスユーとオルビスユーアンコールは何が違うのか、分かりやすくまとめてみました。

違い①効果

効果の違いは次のとおりです。

 効果
オルビスユーハリ
保湿
くすみ
毛穴など
オルビスユーアンコールしわ
たるみ

オルビスユーは、ハリや保湿などのトータルスキンケアでみずみずしい肌を目指すのが目的のシリーズ。

それに対して、オルビスユーアンコールはしわ、たるみに特化したスキンケアシリーズになります。

オルビスユーの効果については次の記事にくわしくまとめました。
→オルビスユーの効果は信じられる?【どんな悩みに効くの?】

 

違い②年齢層

使用する年齢層の違いは次のとおりです。

 年齢層
オルビスユー20代
30代
40代
オルビスユーアンコール40代以降

オルビスユーは30代からの化粧品という触れ込みがありますが、実際は20代中盤くらいから使い始めるスキンケアというイメージです。

オルビスユーアンコールについては、さらに年齢層が上で、40代以降の方に支持されるというイメージになります。

ただし、あくまでもイメージですので20代や30代がアンコールを使ってはいけないというわけではありません。

違い③その他

その他の違いとして、オルビスユーアンコールのラインナップには洗顔アイテムがありません。

その代わり、保湿液が昼用・夜用と分かれたラインナップになっています。

 ラインナップ
オルビスユー・洗顔
・化粧水
・保湿液
オルビスユーアンコール・化粧水
・昼用保湿液
・夜用保湿液

洗顔はオルビスユーシリーズの洗顔を使うのが推奨されています。

また、価格についてもオルビスユーアンコールの方が高い設定になっています。

このことからも、年齢層が高めをターゲットとしていることがわかりますね。

navigation1

まずは通常のオルビスユーを試して、物足りないようであればアンコールも検討してみると良いかもしれませんね!

 

オルビスユーを私が使ったレビュー結果と口コミは次の記事で確認できます!

→新オルビスユーの全口コミと私のレビュー結果【※買うのは待った!】

 

オルビスユーアンコールの口コミ

オルビスユーアンコールの口コミをアットコスメやブログなどから集めました!

それぞれの商品毎で紹介していきます。

アンコール ローション(化粧水)の口コミ

badreview

テクスチャーはとろみがあります。
少し浸透が遅いかなーという感じです。
乾燥肌の人には良いと思いますが、私には合いませんでした。

goodreview

オルビスユーと間違えて買ってしまったのですが、かなり乾燥肌の私には結構合っていたと思います。
かなり肌の状態が悪い時も全く問題ない使用感でした。

アンコール デイミルク(昼用保湿)の口コミ

badreview

日焼け止めや化粧下地として使うには、少し使いにくいかなという印象です。
価格を考えても、普通のオルビスユーでも良いかなと思っています。

goodreview

価格は高めですが、化粧下地に使ってもムラにならずにかなり使いやすいと思います。
他で良いものがなければリピートする予定です!

アンコール ナイトクリーミージェル(夜用保湿)の口コミ

badreview

個人的にはつけ心地があまり好みではありませんでした。
わりとベタつくので、好みが分かれると思います。

goodreview

かなりお気に入りでリピートしています!
使った直後はベタベタしますが、浸透したあとは全く気になりません。
朝乾燥もしなくなって肌がぷるぷるになりました。

オルビスユーアンコールの成分解析!安全なの?

オルビスユーの成分を解析し、安全性や注目成分を確認していきましょう。

アンコールローション(化粧水)の成分

【全成分表示】水、BG、グリセリン、PEG-20、ジグリセリン、(メタクリル酸メトキシPEG-23/ジイソステアリン酸メタクリル酸グリセリル)コポリマー、酵母エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、加水分解コラーゲン、ソルビトール、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン
オルビスユーオフィシャル

オルビスユーアンコールローション(化粧水)の内容を見ると、次の理由から刺激が低い化粧水と言えます。

  • 無油分、無香料、無着色
  • 界面活性剤不使用
  • アルコールフリー
  • 弱酸性

また、HSP含有酵母エキス、D.N.A.ヒビスエキスといった保湿成分や、浸透型コラーゲンも配合されており、肌に確かなうるおいとハリ感を与えてくれます。

アンコール デイミルク(昼用保湿)の成分

【全成分表示】水、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、BG、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、ジフェニルジメチコン、ベヘニルアルコール、(メタクリル酸メトキシPEG-23/ジイソステアリン酸メタクリル酸グリセリル)コポリマー、酵母エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、オルメニスミクスタ花水、エクトイン、ヒアルロン酸Na、グリコシルトレハロース、グリセリン、加水分解水添デンプン、タルク、PCAジメチコン、水酸化Al、アルミナ、シリカ、含水シリカ、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、トリステアリン酸ポリグリセリル-10、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアロイル乳酸Na、ステアリン酸、ココグリセリル硫酸Na、クエン酸、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン
オルビスユーオフィシャル

オルビスユーアンコールデイミルクについても次の理由から、刺激が低い保湿液と言えます。

  • 無油分、無香料、無着色
  • 紫外線吸収剤不使用
  • アルコールフリー

カモミールエキス、エクトインといった、昼間の日光などによる外的ダメージをケアしてくれる成分が豊富配合されています。

日焼け止めとスキンケアを兼ね備えた保湿液です。

アンコール ナイトクリーミージェル(夜用保湿)の成分

【全成分表示】水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、タルク、(メタクリル酸メトキシPEG-23/ジイソステアリン酸メタクリル酸グリセリル)コポリマー、酵母エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解ヒアルロン酸、加水分解エラスチン、レシチン、ソルビトール、PEG-150、ベントナイト、酸化チタン、カルボマー、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン
オルビスユーオフィシャル

オルビスユーアンコールナイトクリーミージェルの成分についても、次の理由から肌に優しいと言えます。

  • 無油分、無香料、無着色
  • 界面活性剤不使用
  • アルコールフリー
  • 弱酸性

また、腐らない奇跡のりんごと言われるリンゴ幹細胞エキスや低分子ヒアルロン酸、エラスチンを豊富に配合しており、肌にうるおいとハリを与えてくれます。

成分の注意点

成分としては、刺激も低く安全に使用できると判断できます。

ただし、アレルギーを持っている人は必ずアレルゲンとなる成分がないかここで紹介した全成分を確認してから購入するようにしましょう。

オルビスユーアンコールのお試しトライアルはある?

現在、オルビスユーアンコールのトライアルセットは販売されていません。

ただし、お試し用のサンプルを取り寄せることは可能です。

サンプルの取り寄せ方法

次のオフィシャル公式サイトで商品を1点購入すると1点サンプルを選ぶことができます。

サンプルだけ取り寄せたい場合は、次の電話番号に電話して依頼すれば取り寄せが可能な
場合があります。

無料電話 0120-010-010 ※午前9時より午後7時まで