オルビスユー3種類のベストな使い方【将来の肌が変わる使用法】

オルビスユーは新しくなって次の3種類にリニューアルされました。

  • オルビスユー ウオッシュ(洗顔料)
  • オルビスユー ローション(化粧水)
  • オルビスユー モイスチャー(保湿液)

ここでは、それぞれのベストな使い方をご紹介します。

navigation1

正しく使わないと、将来の効果が半減してしまうかもしれないので、良く読んでみてください。

オルビスユー ウオッシュ(洗顔料)のベストな使い方

オルビスユー ウオッシュ(洗顔料)のベストな使い方

オルビスユーの洗顔料は次の4ステップです。

洗顔の使い方①泡だてネットで泡立てる

まず、洗顔料を少量とり、泡だてネットで泡立てます。

きめ細かい弾力のある泡を作れる特徴があるので、しっかりと泡立てましょう。

洗顔の使い方②肌に触れないように泡を転がすように洗顔

肌に触れないように、肌の上で泡を転がすようなイメージで洗顔をしましょう。

肌に触れないようにすると、肌へのダメージを与えず、ハイドロキャッチ成分が汚れを吸着してくれます。

洗顔の使い方③ぬるま湯で優しくすすぐ

洗顔し終わったら、ぬるま湯で優しくすすぐようにしましょう。

このときも、肌にはあまり触らないイメージですすぐのがベストです。

洗顔の使い方④清潔なタオルで優しく拭く

最後に清潔なタオルで優しく拭くようにします。

水分が残っていると、化粧水の浸透も悪くなるのでなるべく水分は取るようにしましょう。

オルビスユー ローション(化粧水)のベストな使い方

オルビスユー ローション(化粧水)のベストな使い方

オルビスユー ローション(化粧水)の使い方は次の2ステップです。

ローションの使い方①10円玉大に取る

まず、ローションを10円玉大にとります。

少量でもしっかり潤うのであまりとりすぎないのがポイントです。

ローションの使い方②顔全体になじませる

顔全体にローションをやさしくなじませていきます。

優しく塗るのがポイントです。

ローションの使い方③5秒間プレスを行う

ここが最大のポイントですが、ローションをなじませたら、顔全体を5秒間おさえるように手を押し当てます。

すると、くすみが晴れて血色感がアップするので、効果的です。

オルビスユー モイスチャー(保湿液)のベストな使い方

オルビスユー モイスチャー(保湿液)のベストな使い方

オルビスユー モイスチャー(保湿液)のベストな使い方は次の2ステップです。

モイスチャーの使い方①少量を手にとる

まず、モイスチャーを少量手にとります。
スパチュラはないので、そのまま手にとりましょう。

モイスチャーの使い方②優しく肌になじませる

手に取ったモイスチャーを優しく肌になじませていきます。

ここで、ポイントはつけすぎないということです。

あまりつけすぎると、ベタベタしてしまい最大限の効果が発揮できないので注意しましょう。

オルビスユーのベストな使い方まとめ

オルビスユーの使い方のポイントをまとめると次のようになります。

  • 洗顔

必ず泡立てて、優しくぬるま湯で洗う

  • ローション

5秒間プレスを行って効果アップ

  • モイスチャー

つけすぎないように注意する

「個別でそれぞれ気に入ったものだけ使う」という使い方をしてももちろん良いです。

 

しかし、洗顔は、ローション、モイスチャーの浸透力を高めるブースター的な役割も持っているため、ライン使いすると効果がアップするのでおすすめです。

 

navigation2

初めての人はトライアルセットで試してみるのが良いのではないでしょうか。

口コミ、私が使った感想やおすすめできない人を詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。
→新オルビスユーの全口コミを見るとおすすめできない人が分かる!?